メニュー

アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法

[2024.05.06]

こんにちは!青葉おおしおクリニック院長の大塩博です。ゴールデンウィーク最終日となりましたがいかがお過ごしでしょうか?私は4月にクリニックを開業してからの初めての連休となりましたが、しっかり体を休めることができました。

 今回は当院で行っている鼻アレルギーに対する舌下免疫療法を紹介します。最近、NHKなどで特集が組まれており一度は耳にした方も多いのではないでしょうか。

 2019年に環境省が行った全国調査ではアレルギー性鼻炎の患者さんは49.2%とされ、国民の2人に1人が鼻炎に悩まされていることになります。その中でもスギ花粉のアレルギーは38.8%と最多であり国民の4割にのぼるとされています。

 当院では一般的な抗アレルギー薬の治療はもちろん、アレルギー性鼻炎の根本的治療法として舌下免疫療法を導入しています。舌の下に薬剤を1分間保持してもらいその後飲み込んでもらうといった治療を1日に1回行うだけの治療です。アレルギー反応を起こさない程度の薬の量から始め徐々体を慣らしていくといった治療です。

 舌下免疫療法の治療期間は3年以上とされています。当院では短期間で治療を終了すると効果が持続しないとされていますので4‐5年を推奨しています。約8割の方がアレルギー症状の改善効果を実感でき2割の方に根治を期待できるとされています。抗アレルギー薬の様にすぐに症状が緩和されるわけではなく長期にわたって治療を継続することで体質改善していくといった治療です。鼻アレルギー診療ガイドライン2020年版では、「3年以上継続すると、治癒中止後も長期にわたり有効性の持続が期待できる。」と紹介されています。

 注意が必要なのは治療開始時期です。スギアレルギーの場合は、スギ花粉シーズン中は避けた方が良いとされていますので花粉が飛んでいない6月から12月が最適とされていますので、これからの時期に治療を開始してみるのはいかがでしょうか。それに対し、ダニ(ハウスダスト)アレルギーの場合はいつでも開始可能です。

 現在当院では、当院はスギとダニ(ハウスダスト)アレルギーに対する舌下免疫療法、アレルゲン免疫療法、減感作療法登録施設となっています。アレルギー症状でお困りの方は気軽にご相談ください。

 

HOME

ブログカテゴリー

ブログカレンダー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME